卒業式を見に行く服装はスーツが一番!基本的なマナーに気をつけて!

卒業式シーズンが近づいてくると、お子さんの服装はもちろん、
親の服装選びにも気を使いますよね。

卒業式を見に行く際にふさわしい親の服装は、ずばりスーツです

卒業式で着物を着て出席している親もいますが、
2~3人とごくわずかです。

昔は着物で出席する親も多かったようですが、
現代ではスーツスタイルが定番となっています。

卒業式の最中は長時間イスに座らなければなりませんし、
待機時間なども考慮すると長時間のイベントになります。

移動したりトイレに行ったりすることを考えると、
服装は着物よりもスーツの方が断然動きやすいですよね。

そういった理由も含め、近年は和装よりも、
洋装で卒業式に出席される親がほとんどのようです。

卒業式を見に行く際は、服装のマナーにも気を付けたいものです。

フォーマルな場なので、
きちんとした服装で出席することを心掛けましょう。

母親の服装のマナーで気を付けたいポイント

・短すぎるひざ丈のスカートは避けましょう。
・ストッキングを着用しましょう。素足はNGです。
・ピンヒールなど高すぎる靴は避けましょう。
・カジュアルすぎる服装はNGです。
・バッグもカジュアルすぎないものにしましょう。
・ギラギラと派手なアクセサリーもNGです。
・スーツを選ぶ際には、体のラインが見えるなど、
ピッタリしすぎるデザインは避けましょう。
・スーツを着る際は、汚れやホコリが付いてないか確認しましょう。

父親の服装のマナーで気を付けたいポイント

・礼服はNGです。
・仕事などで着用しているビジネススーツでOKです。
・カジュアルな服装や目立つ服装はNGです。
・スーツを着る際は、汚れやホコリが付いてないか確認しましょう。

卒業式はおめでたいフォーマルな場なので、
それに合わせて服装のマナーもしっかり守って出席しましょう。

スポンサードリンク

卒業式に行く親のネクタイは紺やワインレッド等落ち着いた色がいい!

卒業式での父親着用のスーツに合わせたネクタイ選びも、
大切なポイントとなります。

スーツの色も大切ですが、
卒業式にふさわしいネクタイのカラーというものがあります。

卒業式にふさわしいネクタイのカラーとして、
落ち着いたカラーがマナーとされています。

例えば紺色ワインレッドシルバー薄いピンクなどのカラーです。

フォーマルな場なので、
奇抜で派手なカラーは避けるようにしましょう。

落ち着きのあるカラーとしては、
紺色ワインレッドがおすすめです。

春めいた明るくて淡いカラーでは、
シルバー薄いピンクなどが映えるでしょう。

派手でなければ柄付きのネクタイでもOKです。

チェックやストライプなど着用しても問題ありません。

卒業式での主役は子どもたちです。

親は控えめに、と心がけておくようにしましょう。

卒業式は黒系スーツでコサージュは?春色パステルカラーや紫もOK?

母親の卒業式着用のスーツは、
黒系などシックな色が無難といわれています。

黒やグレー、ネイビーのスーツで出席されている方が最も多いですね。

しかし、パステルカラーの淡いベージュなど明るめのスーツの方、
淡い色のワンピースグレーのジャケットを羽織るスタイルの方もいます。

続いてはそんなスーツに合うコサージュについてです。

どんな色がふさわしいのでしょうか。

黒系のスーツには、明るい色のコサージュがベストです。

ホワイト、ベージュ、パステルカラーのピンクや、
紫オレンジもOKです。

ほかには、淡いブルー淡いイエローなどもおすすめですよ。

スーツが黒系だと、暗めの色のコサージュは同化してしまうといわれていますが、
特にマナー違反ではありません。

コサージュの色選びに迷ったなら、ホワイトがおすすめです

ホワイトならどんな色のスーツにも似合いますしね。

コサージュは派手でなければ自分の好みの色を選んでも問題ないので、
お好きな色を見つけてみましょう。

コサージュの素材については、造花、生花、プリザーブドフラワー、ドライフラワーのコサージュもあります。

最も身近なのが造花のコサージュですよね。

コサージュは入学式で使ったものでもOKですよ。

卒業式用スーツやバッグなどにも合わせて選んでみましょう。

卒業式父親のポケットチーフはマストでない?ネクタイ同色か白が◎!

卒業式では母親はもちろんのこと、
父親の服装にも気を使いますよね。

父親もスーツでの出席がマナーとなりますが、
気になるポケットチーフについてお伝えします。

ポケットチーフがあれば、
きちんと感もオシャレな感じも出ますよ!

卒業式でもぜひ活用してみてください。

ポケットチーフの色についてですが、基本の色は白とされています

もしくはネクタイと同じような色か、似た配色の色でもOKです。

ネクタイやスーツに合わない色や、
派手すぎる色は避けたほうがいいでしょう。

生地はきちんと感が出るシルクがおすすめです。

ポケットチーフは平均1000円前後で購入できます。

色や柄もさまざま販売されています。

卒業式を機に購入しておけば、
普段でもビジネスやフォーマルの場でも活用できますよ。

卒業式母親のアクセサリーは真珠ネックレス?一粒タイプの宝石も◎!

スポンサードリンク

卒業式のようなフォーマルの場では、
せっかくなので親もオシャレに、
アクセサリーを身に着けたいですよね。

卒業式というお祝いの場にふさわしい、
母親に似合うアクセサリーはどんなものがあるのでしょうか。

フォーマルな場の定番といえばやっぱり『真珠』ですよね。

真珠のネックレス、真珠のピアスやイヤリングなどを身に着けている母親は多いと思います。

真珠のほかにも、一粒タイプの宝石もおすすめですよ。

華奢なデザインでシンプルなダイヤモンドもOKです

真珠のネックレスの場合、短めのものや、
長めの物で2連3連にして使用できるものなど、
長さもさまざまですね。

デザインも真珠のみのネックレスや、
宝石が付いているもの、花のパーツが付いているものなど、
種類もさまざまです。

スーツやヘアスタイル、コサージュに合わせて、
真珠のネックレスを選んでみてくださいね。

最近ではコットンパールのネックレスも人気があります。

コットン(綿)でできた真珠のネックレスで、
軽くて質感が良く、価格もお手頃です。

お好みのパーツを買いそろえて、
自分でハンドメイドすることもできますので、
手作りが好きな方にはおすすめです。

シンプルで控えめな一粒ダイヤのネックレスも素敵です。

チェーンは細い方がいいですね。

ギラギラと派手なアクセサリーは控えましょう。

卒業式の母の髪型は?40代も「くるりんぱ」で適度なおしゃれを!

卒業式の服装やアクセサリーは決まったけど、
髪型はどうしようかと悩む母親も多いのではないでしょうか。

特に40代になると、ヘアアレジに悩みますよね。

年齢相応の髪型って意外と難しいものです。

そこで卒業式にふさわしい40代の髪型についてお伝えしていきます。

ロングやセミロングやボブスタイルの方におすすめの、
最も簡単なヘアアレンジ方法があります。

それは「くるりんぱ」という、
不器用な方にもおすすめの簡単ヘアアレンジです

まず、ハーフアップに髪を結びます。

次に結び目の中から髪の毛を通し、
くるりんぱと引っ張って毛束を外に出します。

これで完成ですが、ポイントはハーフアップを緩めに作ることです。

緩く髪を結ぶことで、ふんわり感がプラスされます。

くるりんぱしてねじれている部分の髪を、少しずつ引っ張り出して、
ふんわりさせるとオシャレな感じに仕上がりますよ。

バレッタなどのヘアアクセサリーを付けることで、
卒業式にふさわしいきちんとした髪型が完成します。

ハーフアップ以外にもロングの方は、
髪を耳下くらいの位置で一本に結んで、
くるりんぱをする方法もあります。

卒業式の機会に、
自分に合ったくるりんぱを使ったヘアアレンジを考えてみるのもいいですね。

お祝いの場ですし、
せっかくなので母親も適度なオシャレを楽しみましょう!

卒業式スーツに黒ストッキングは×?肌色がベターだがタイツはOK!

続いては、卒業式コーデの悩める足元についてお伝えしていきます。

意外と悩むのが、スーツに合わせたストッキングについてだと思います。

ストッキングの色は何色がベストなのでしょうか。

ストッキングの色については、肌色がベターといわれています。

黒系の落ち着いた色のスーツに合うのは、
肌色のストッキングだといわれています。

しかし、卒業式での正式なストッキングの色の決まりはないようです。

それなので、黒のストッキングでもダメというわけではありません。

黒か肌色か迷っていて不安な方は、
ベターな肌色のストッキングを履くことをおすすめします。

卒業式シーズンは3月とはいえ、まだ寒いです。

体育館で長時間過ごさなければならないので、
冷えを考えるとタイツを履きたいという方もいるかと思います。

そういった場合は、黒のタイツでも大丈夫です

卒業式に出席してみて、
肌色のストッキングを履いている方が多い印象を受けましたが、
黒いタイツやストッキングの方もちらほら見かけました。

特に違和感はなかったので、基本どちらでもOKかと思います。

しかし、学校によってはブラックフォーマルが決まりという場合もあります

そういった決まりがある場合には、
卒業式前までにきちんと確認しておきましょう。

卒業式のコサージュどっちにつける?左が多いが左利きなら右でも可!

ほとんどの方が卒業式には、
コサージュをつけるのではないでしょうか。

コサージュ一つで華やかさがプラスされた雰囲気になりますよね。

そんな卒業式用のコサージュですが、
左右どっちにつけるんだろうと悩む方が多いかと思います。

とくに左右どっちにつけるという決まりはありませんが、
一般的には左につけると良いといわれています

左の鎖骨の上辺りが綺麗に見えるといわれている位置です。

コサージュを胸よりも少し高い位置につけることによって、
スッキリとした印象になります。

身長や体形、スーツのデザインなど、
人によってコサージュをつけるポイントが異なると思いますので、
鏡を見てベストな位置を探してみましょう。

一般的には左胸の上がコサージュのベスト位置といわれていますが、
左利きの人であれば、右胸の上辺りにつけても大丈夫です。

まとめ

卒業式に出席する際の服装は、スーツがベストです。

基本的なマナーに注意して、式にふさわしい服装を心掛けましょう。

ネクタイの色は、紺色ワインレッドなど落ち着いた色をセレクトしましょう。

シルバーなどの淡い色もおすすめです。

コサージュは派手な色は控え、淡い色落ち着いた色であれば、
好きな色をチョイスしてもOKですよ!

オシャレ感が出るポケットチーフは、
もしくはネクタイと同系色を合わせてみてくださいね。

卒業式に合うアクセサリーは、真珠のネックレスが定番ですが、
シンプルな一粒タイプの宝石もOKですよ。

派手なものはNGです

髪型はハーフアップのくるりんぱで、
適度にオシャレなヘアアレンジがおすすめです!

ストッキング肌色がベターですが、
でもマナー違反ではありません。

コサージュ左の鎖骨上が、綺麗に見えるベストな位置です。

服装のマナーを守りながらオシャレもしつつ、
想い出に残る卒業式を迎えられたらいいですね!